村上さとこ 公式ウェブサイト

#北九州市議員 #村上さとこ  #八幡西区 #無所属

コロナワクチン・優先接種順位

介護施設介護士などは医療従事者としてはカウントされてないのでしょうか?

民生委員さんよりもっと高齢者との接触が多い気がします」とお問い合わせを頂きました。

 

すべてはワクチン不足が原因だと思います。

医療機関と同一敷地の介護医療院や介護老人保健施設介護療養型医療施設訪問介護職員は「医療従事者等」となりますが、

その他は後回しの「高齢者施設等で働く職員」になっています。

この優先接種順位は国の決定ですが、各自治体で状況は異なります。

本市も優先順位を独自決定できるよう国に要望しています。

 

 

f:id:mrkmstk:20210416072715j:plainf:id:mrkmstk:20210416072653j:plain

 

北九州市 コロナワクチン 先行接種

4/12よりコロナワクチンの先行接種が始まります

一般高齢者の方への集団接種は5/6日(木)から

4月下旬にまず 75歳以上の方に接種券が郵送されます。

 

■日にちをあけ1人2回接種します

■接種は義務ではなく任意です(あくまで努力義務)

■詳細こちらから

新型コロナウイルスワクチン接種について - 北九州市

 

f:id:mrkmstk:20210407223308j:plain

 

北九州市ワクチンの現状

北九州市は高齢者だけでも29万人。

ワクチンに関しては情報不足、供給不足の現状です。

決定している本市への配分は現在までに9箱(1箱は485人分)となっています。

 

f:id:mrkmstk:20210407223529p:plain

 

コロナ禍 独自対策の強化を

福岡県内でも変異株確認されました。
遅かれ早かれ、時間の問題でしたが、この僅かな期間に、コロナ感染拡大第4波の始まりと警鐘が鳴らされています。
緊急事態宣言も解除され、気の緩みも出ています。
 
県はGoToEatキャンペーンを再開、北九州市版GoToEat春に行く券も実施しています。
市長へも危機感が足りないと質疑しました。
このままでは変異株を含む第4波があっという間にまん延します。
市独自の検査対策を強く望みます。

 

Go To Eat キャンペーン福岡

利用の際には、小人数かつ2時間以内でと、協力が求められています。

まだアクリル仕切りがない店などもあり、エアロゾル感染防止対策として仕切り設置、CO2モニター設置を含む換気の徹底など、急ぎ市に再度の注意喚起を要請しています。

参加店舗への感染拡大防止対策の助成も、もっと検討すべきです。

ご利用の際には、十分なご注意をお願いいたします。

お知らせ | 【公式】Go To Eatキャンペーン福岡

 

オリンピックをどう捉える?

コロナ禍という非常時に、経済効果よりも負担が大きいのではないか、大きな疑問が残ります。

県内では、黒木瞳さんが聖火ランナーを辞退されました。

困窮者が続出する中、聖火リレーの5500万円負担は大きく、市は常に「費用対効果」を口にしますが、今回の件はシュミレーションされていません。

説得力のある対策と、開催の意味を示して欲しいです。

 

沿道警備、関門海峡ミュージアムイベント広場で行われるレセプションのコロナ対策などで、追加負担の可能性もあります。
ボランティア200人、イベント参加者1300人を募集中。
ランディアがコロナ感染した場合は保健所の指示に従うとの事ですが、それではあまりに頼りないです。
 
コロナ禍 福岡県知事選
福岡県知事選挙が、3月25日告示、投開票は4月11日で始まっています。
候補は、副知事の服部誠太郎氏と、元福岡市議の星野美恵子氏。
最近の首長選挙は各地30%台の投票率が続いていますが、福岡県はそうならないよう投票率をあげたいものです。
 
また、長引くコロナ対策下で、大学生も含め、成長期の子ども達への対応が心配されます。
各学校や、自治体で独自の方法が考えられ、できる限り今まで通りにイベントを開催できるか等、工夫がこらされています。
新しく役に就かれる知事にも、独自の対策を、方法を凝らされることを強く期待します。
 
 
 

f:id:mrkmstk:20210405085449p:plain

 

貸付ではなく、給付を!

母子父子寡婦貸付金

母子父子寡婦貸付金は、厚労省の事業ですが、毎年の執行率が低く(=予算が余る)、本市は毎年2〜3億が不用額となります。

今委員会でも指摘しましたが、これは全国各地が同じ状況だと思われ、国は貸付ではなく大胆に給付をすべきです。

 

貸付ではなく、給付を!

同制度に、所得制限はありませんがあくまで貸付で、(寡婦のみ制限あり)

シングル家庭の生活は厳しく給付が必要です。

収入が低い方は、住居確保給付金(区役所)や、

返済免除特例つき、生活福祉資金(社会福祉協議会) の方が有利な場合があります。

 

困窮対策は窓口もバラバラなので、わかりやすい広報を要望しています。

 

 

 

f:id:mrkmstk:20210321101905j:plain

f:id:mrkmstk:20210321101924j:plain

 

北九州市、新型コロナワクチン接種について

 4/12午後より、西日本総合展示場で65歳以上の高齢者の接種が始まりますが、

まだ量が不足しています。

市内の高齢者は約29万人に対し、最初は試行的に各区から選出された485名からスタートします。その後は現段階では未定となっています。

 

接種券は4月下旬から、自宅に郵送されます。

 

■ワクチン市コールセンター   0570-055-576

 

 

f:id:mrkmstk:20210321124659j:plain

f:id:mrkmstk:20210321124747j:plain

 

東日本大震災より10年

東日本大震災より10年。

犠牲者の方々へ心より哀悼の意を表します。

地震津波原発事故という未曾有の複合大災害に、仮設住宅合わせ今も避難者が7万人以上という重い現実。地方議員、防災士として危機管理強化に努め、また声をあげ原発をなくしていく。

災害大国でやらなければならないことです。

 

3月11日は、さよなら原発 北九州集会に参加しました。

ウクライナ出身のカテリーナ・グジーさんの美しい祈りの歌声、民族楽器バンドゥーラの音色が心に響きます。

チェルノブイリ原発で故郷を失い、福島事故時にも日本で被災したカテリーナさん。

もう悲しみの涙のない、原発のない世界を心から望みます。

 

こども被ばく裁判 不当判決

 

 

子どもたちには被ばくの心配のない環境で育つ権利があります。

3月11日「子ども脱被ばく裁判」は不当判決に控訴しました。

「子どもを守らない国に未来はない」、原告団の今野寿美雄団長(元原発作業員、浪江町)からの報告がありました。

 
玄海原発差止め 割れる司法判断
3月12日、佐賀地裁玄海原発差止の請求は退けられました。
昨年12月に勝訴した大飯原発裁判と同じ争点、同じ弁護団の裁判でしたが、大飯原発判決で取り入れられた「地震規模の平均値よりも、数値が大きくなる可能性」が排除されました。
 
何かあればまた「想定外」ですませるのでしょうか。
弁護団「国は自ら作った基準を無視している。それを指摘するのが司法の役割のはずだ」
 
私も原告の1人です。

原発は将来へ核ゴミを残し、安全面、経済面、点でも割に合いません。

蓄電池や送電網の活用で再生可能エネルギー社会は可能です。環境都市、北九州市からそんな未来を創りたい。

玄海原発の過酷事故では、北九州市にも放射性物質が1〜2時間程度で到達しますが、30キロ圏外のため避難計画はありません(風向きにもよります)

 

稼働停止しかない

原告団長の石丸初美さんには、この10年、北九州市にも何度も来ていただきました。

この間に私も市議となり「どんな対策をしても市民の命は守れない。稼働停止しかない」との思いを強めるばかりです。

裁判は控訴となりますが、私も引き続き原告に加わります。

 

 

f:id:mrkmstk:20210315101110j:plain

f:id:mrkmstk:20210315101124j:plain

 

中小法人・個人事業者等の皆さまへ

一時支援金・申請受付開始  3月8日

売上が減少した中小法人・個人事業者等に、一時支援金の申請受付が3/8から開始されます

(申請には登録確認機関による事前確認が必要です)

 

■支援金相談窓

0120-211-240   〈8:30〜19:00〉

一時支援金 (METI/経済産業省)

 

北九州市では県・国の支援金対象外の事業者へ、

 独自支援金が給付されます。(近日詳細が発表されます)

 

f:id:mrkmstk:20210308180619j:plain

 

教育文化委員会の所属となりました

市議会の常任委員会が決まりました(常任委員会は議会閉会中も通年開かれています)

私は教育文化委員会の所属となりました。

全委員会で唯一、男女同数です。

f:id:mrkmstk:20210308175740j:plain

 
2月定例会での私の質疑は、3/9(火)10時からの30分です。

質疑の様子は、インターネット中継、ケーブルテレビ中継の他、録画配信でもご覧いただけます。

f:id:mrkmstk:20210308175814j:plain

f:id:mrkmstk:20210308175800j:plain





2月議会が始まりました

2月24日は2月定例会初日。

第23代議長に鷹木研一郎議員(自民党)、副議長に成重成重正丈議員(公明党)が選出されました。

議長選の様子を、添付の動画でご覧下さい。

自民党は1月の市議選で6議席を失う大敗を喫しましたが、新人と無所属議員らを会派に取り込み、引き続き議長ポストを確保」

 

正副議長は数の論理(会派の人数)で決まります。

今回は大会派の話合いが上手くいったのか時間かからず決定。

4年前は決定に5時間程かかりました。

過去には徹夜の議長選もあったそうです。

www.youtube.com

 

一般会計 過去最大 
2月議会の提出議案は:予算28、条例14、一般6、補正予算9、計57件の議案審査となります。
一般会計総額は過去最大の6421億円。
「コロナに打ち勝ち、未来へつなぐグリーン成長推進予算」と国策ワードが銘打たれています。
 
市長は10日「今年はオリンピック、パラリンピックが開催され」と断言されましたが、
職員の中からも「本当に開催できるのか」「開催すべなのか」という本音が漏れ聞こえています。

https://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000917983.pdf

 

変わらず無所属、ひとり会派で

北九州市議会57人の会派を以下に貼ります。私は変わらず無所属ひとり会派です。

先日、議会内で部屋を引っ越しました。

これまで2人部屋でしたが、新人3人がその部屋を使うことになったため、急きょ1人部屋に移動。

議会事務局の皆様に大量の書類を移動していただきました。

どうもありがとうございました!

 

f:id:mrkmstk:20210226190248j:plain

 

市長祝電・与党のみ

小倉タイムスより

「市長、与党だけに公金で当選祝電」

北九州では、市長が「与党(市長派)」と認識する市議へ祝電を送るそうです。
共産党を離党し、今回は無所属で当選した方へ初めて市長からの祝電が届いたことで発覚しました。
 

記事後半にある「勉強会の中でも一般質問でも市長の批判をするのであればダメ」と与党が入党を断る、というのも驚きです。

元代表制の地方議会は、本来は与党も野党もない筈です。

しかし、市長自ら議会で繰り返し「与党の皆さんのおかげ」と発言されており、

ここも大いに疑問です。

f:id:mrkmstk:20210224231301j:plain

 

また、「市長が与党議員に出した祝電」は税金からでています。
「電報は慣例で与党議員のみ」
市議は57人ですが、祝電が出されたのは48人。
1人1661円で計79728円の税金使用。
祝電がない私は「野党認定」されているようですが、そもそも税金から祝電が必要でしょうか。
 
 
国会と違い、二元代表制の自治体議会に与党も野党もない
与党と呼ばれる会派が、市長に反対する質問をしないというのも非常におかしな話で、
このような議会では市民の信頼を失うばかりではないでしょうか。

f:id:mrkmstk:20210224232237j:plain