村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

12月議会が終わり・・

↓↓ツイッターより日々発信しています

村上さとこTwitter

 

12月議会終了した翌朝は、穴生市民センターで催された餅つきに、

つきたてのお餅をちぎって丸める作業に参加させて頂きました。

お餅は、地域の独り暮らしの高齢者の方々にも配られます。

寒いですが、心はホカホカ。

地域の皆様、いつも本当にありがとうございます。

 

午後は、 あい女性会議北九州市八幡支部の総会でした。

一年間の振り返りと決算、来年の新たな目標を確認しました。

あい女性会議は全国組織で、多くの仲間たちがいます。

平和と人権が守られる、全ての人が生きやすい社会を目指し、

様々な活動を行っています。

 

今年の初めに議員となり、全ての本議会で質問に立ち、討論にも臨みました。

委員会でも議論を深めたい一心で必ず質問をしました。

その準備に勉強、勉強の日々でした。

30年度はさらにフルチャージで頑張ります。

次回2月議会まで、地元の陳情処理や市政報告会、

調査、議員研修などスケジュール帳がいっぱいです。

 

トイレの「ベビーチェア設置」がやっと決定しました。

子連れで傍聴にいらっしゃる方々のため、再三要求をしてきたトイレのベビーチェア設置がようやく決定しました。

来年2月議会には間に合うそうです。

今12月議会では、「子育て中の市政・市民参画」の質問で、

「子育てしやすい町というのに、6月、9月、12月議会も間に合わず。対応が遅すぎる」

と訴えました。

これが少し効いたのでしょうか。

今後は安心して赤ちゃん連れの方にも、議会の傍聴にお越し頂けます。

「もっと子育てしやすい街へ」

今回の一般質問の内容を、追ってHPにもアップします。

 

 

f:id:mrkmstk:20171211224038j:plain

f:id:mrkmstk:20171211224018j:plain

f:id:mrkmstk:20171211225706j:plain

 

「賛成討論」 の 範疇

↓↓ツイッターより日々発信しています

村上さとこTwitter

 

12月議会が終了しました。

今回、下記の賛成討論を終えた後、議長より「議決の趣旨と違う」とやんわりと

ご注意を頂きました。

 

しかし

「うーん、どこがいけなかったのかな。結局、最終的には議長の判断ですからねぇ…」と市職員の声や、

 

「賛成討論の範疇です。議長と考え方が違うから注意となったように感じます。
賛成討論の範疇を逸脱すれば注意もあり得ますが、考え方の違いを注意しては職権濫用でしょう。」

など、多くのご意見を頂きました。


今年2月 の議会でも、関連質問をしたつもりが「それは質問通告にない内容」と議長からストップがありました。

 

表現には細心の注意を払っていますが、精進したいと思います。

同時に、議会の場が既に賛否表が提出された後のセレモニーではなく、

関連質問などで、議論を深める場であって欲しいという気持ちを強めています。

 

↓この決議に賛成討論しました。

北朝鮮による弾道ミサイル発射に強く抗議する決議」

11月29日午前3時過ぎ、またもや北朝鮮から弾道ミサイルが発射された。

このミサイルは、ICBM大陸間弾道ミサイル)級と考えられ、

飛翔距離は約1000メートル、再移行高度約4000キロメートルを超えるもので、

約53分飛翔し、我が国の排他的経済水域である。

青森県の西方沖約250キロメートル付近に落下した。

北朝鮮による度重なる弾道ミサイルの発射は、国連安全保障理事会決議や

日朝平壌宣言に違反することは明白である。

国際社会の一致した平和的解決への強い意志を踏みにじり、我が国のみならず北東アジア、そして国際社会の全体の安全保障に対する明らかな挑発行為を断じて許すことはできない。

よって、本議会は北朝鮮政府に対し、弾道ミサイルの発射禁止や弾道ミサイル計画に係る全ての活動の停止、北朝鮮に義務付けた国連安全保障理事会決議の遵守を、再び厳重に求めるものである。
以上、決議する。

 

これに対する ↓私の賛成討論↓


希望と未来 村上さとこです。

議員提出議案 第39号「北朝鮮による度重なる弾道ミサイル発射に強く抗議する決議」
に賛成の立場で討論を行います。

決議文にある通り、弾道ミサイル発射は国連安全保障理事会決議や日朝平壌宣言に明らかに違反しています。日本を含む国際社会が自制を求め抗議を続ける中で 行われている明らかな無法行為であり、断固として許すわけにはいきません。

日本をはじめアジア、世界の安全保障や平和を脅かすものであり、強く抗議いたします。

また、ミサイル発射は安全保障、平和を脅かすだけではなく、日本の国家財政までをも脅かし、国民生活にも大きな影響を及ぼしています。
心より強く抗議いたします。

弾道ミサイルの標的は日本ではなくアメリカです。

北朝鮮は、イラク戦争フセイン政権が核を持たなかったことにより殲滅されたと認識しています。北朝鮮は自国防衛のため、米韓軍事演習を強化するアメリカに対して弾道ミサイル発射や核開発でのけん制を続けていますが、標的が日本でなくとも、ミサイル発射のたびに「危機」が叫ばれ、本来なら 医療、介護、年金、子育て、といった社会保障社会福祉、教育に使われるべき税金が、兵器購入・基地整備にと使われていき 来年30年度の防衛費予算案は過去最大の5兆2551億円です。

政府にこのような税金の使い方をさせるミサイル発射に強く抗議します。

トランプ大統領はミサイル発射を口実に、大量の防衛装備品を買うよう要請し、日本は一基800億円の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」などを購入することとなってしまいました。

高速落下する弾道ミサイルにイージスショアは対応し切れないという指摘もあがる中、このように 兵器セールスの口実となる弾道ミサイル発射に強く抗議します。

アメリカに向けられたミサイルは日本のはるか上、宇宙空間を通過していきますが、

ミサイル発射のたび、国民にはJアラートにより避難が呼びかけられ「日本上空を通過」と発表され、国民には大きな緊張が走ります。

国民の精神的負担を大きくさせるミサイル発射に強く抗議します。

ところで、いま最大の危険は、米朝の緊張が高まる中、アメリカ側に立つ日本と北朝鮮との間で、偶発的にでも軍事衝突が引き起こされることです。日本が、専守防衛の基本方針を破り、敵基地攻撃能力のある長距離巡航ミサイル配備を進めていることもリスクを高めています。

ひとたび、衝突が起きれば、日本に甚大な被害が及びます。拉致問題の解決も遠のいてしまいます。

全会一致で採択された国連安保理決議も、「緊張を緩和する努力」「対話を通じた平和的で包括的な解決」を加盟国に呼びかけ、フェルトマン国連事務次長による北朝鮮訪問も実現しました。スイス、ドイツはじめ、世界が「対話」への道を開いています。

日本は米朝両国に強く自制を求め、直接対話に向けての緩衝材となるべきです。
知恵を持った日本ならば、必ずや対話の先頭に立ち、北朝鮮へ国連安全保障理事会決議の遵守を求めることが出来ると信じています。

北朝鮮弾道ミサイル発射に強く抗議すると共に、日本が世界の真のリーダーとなっての平和的解決を成しえることを信じ、強調いたしまして、私の賛成討論を終わります。

 

f:id:mrkmstk:20171211100531j:plain

 

12月議会が始まりました。

↓↓ツイッターより日々発信しています

村上さとこTwitter

12月4日(月)13時より15分間 一般質問をします。

ぜひ、傍聴へお越しください。(お車の方には駐車券も発行されます。)

 

12月議会では、重要な条例が2つ上程されます。


1つは、障害者差別解消条例です。

障害者団体が主体的に条例作成に参加し、現時点で満足のいく内容になっていると思います。

条例の理念を絵に描いた餅にせぬよう、命を吹き込むのは市民ひとりひとり。

条例可決後はしっかりとした周知が必要です。

 

2つめは、官民データ活用推進条例です。

自公・ハートフル(民進・社民・無所属)が提出。

「全会派一致で制定を」と自民から協同提出者にお誘いを頂きましたが、

適用が拡大するマイナンバーとの紐付けや情報漏洩の懸念から賛同しませんでした。

しかし数の論理で必ず可決されるでしょう。制定は横浜市に続き2都市目となります。

他、 

●条例議案11件

●一般議案19件

補正予算議案5件 

計35件について、市長から初日に提出説明があり
続いて議員提出議案「官民データ推進基本条例」について自民党から説明がありました。

12月議会 発言者一覧

議員57人のうち21人が発言します。

1人会派の持ち時間だけ年間210分→60分に大幅削減され、私は1回あたり15分の持ち時間しかありません。 

議員の公平を欠くものであり、是正すべく働きかけを続けます。

 

f:id:mrkmstk:20171203162236j:plain

 

ずっと要望しているトイレのベビーキーパーは

ずっと要望しているベビーキーパー(ベビーチェア)は、いまだ付きません。

予算はあるそうなのですが、大変残念です。

こちらもシツコクシツコク働きかける必要がありそうです。

ーーなぜ今回、お子さんを議場に連れてきたのでしょうかーー

世の中には多くの働く母親が直面している「厳しさ」があります。

〜赤ちゃんと一緒に議会に出た緒方議員の想い。ぜひ、ご一読ください。

 

www.buzzfeed.com

「ブラックバイトと奨学金」 

12月3日(日)14:00〜
北九州市立商工貿易会館2階ホール
講師:中京大学 大内裕和教授   参加費:無料

1984年まで無利子だった奨学金が有利子化・サラ金化し、

日本学生支援機構は莫大な利益をあげています。

海外で奨学金といえば「給付」でありサラ金奨学金は日本だけです。

 

都合の良い労働力として消費される学生たち。

過労死ライン超えのシフト、

商品の自腹購入、

パワハラや暴力。

奨学金という名の借金を抱えての卒業。おかしいと思いませんか?

 

是非、ご参加ください。

f:id:mrkmstk:20171203163734j:plain

市長へ 2018年度の予算要望を行いました

日々、ツイッターから発信しています ↓↓

村上さとこ Twitter 

 

11月28日

市長へ社民党北九州より2018年度の予算要望を行いました。

社民推薦議員の私も同席しました。

市民活動では何度も市長に申し入れを行い、がれき広域処理受入れ反対時には

市長室階に上がれぬようエレベーターボタンを外されたりと、

当時は最後まで市長に会えませんでしたが、今は堂々とお話し出来ます。

 

「政策の基本姿勢」大きく4点 

少子高齢化で福祉・医療費が増加。厳しい北九州市財政の中、
市長へ要望する「政策の基本姿勢」は大きく4点です。


●平和で安全安心な人にやさしい市政
●豊かな人間性、多様性を認め合う人権、教育、文化都市の推進
地場企業の育成、雇用不安のない市政
●参画と公開で市民が主役の市政

 

 

重点項目は: (1~9)


1.非核平和都市として核廃絶・平和意識を高める事業を。

 勝山公園内に設置する平和資料館の早急な具体化。

 

2.暴力なき町。交通安全の推進、安全安心な生活環境の整備。

 

3.マイナンバーカードを持たない市民が公平に行政サービスを受けられる事。

 個人情報漏洩、不正利用防止対策の強化

 
4.地場中小企業の支援を充実。
 企業支援、新産業育成による経済活性化と常用雇用の拡大
 
6.公共事業、指定管理委託業務の質の確保。
 労働者への適正な賃金、労働条件。そのための公契約条例の制定。
 
7.交通弱者を生まない「北九州市地域公共交通網形成計画」の着実な実行。
 公共交通の充実
 
8.人権教育、啓発を進める。部落差別解消推進法(2016年)の周知。
 
9.若戸大橋・トンネルの通行料無料化に伴う、若戸渡船の無料化。

 

基本政策の詳細は:

「平和で安全安心な市政、市民参画、情報公開」

●市内戦跡の保存と平和教育への活用
●政策決定への市民参画。市議会の議事録、議案の公開。パブコメのPR強化。 

 公募委員枠の拡大。
指定管理者制度のあり方検証、見直し。選定や評価公開の充実。 
 

「活気ある産業創出、雇用拡大」

●雇用対策室の常設
●若者、シニア、女性、障害者のニーズに応えた就労支援
ブラック企業の調査、公表
●空き店舗の利活用
●農水産業支援
●学校給食での地産地消
●「コスト」を理由に 民間委託、指定管理、民間移譲を強要、導入しない。

 
「誰もが活き活き暮らせる社会」

ワークライフバランス推進

●DV啓発。支援センターを確立

LGBT啓発、相談体制確立

奨学金制度の充実・支援

●保育サービス拡充 保育士の処遇改善

●放課後児童クラブ増設。指導員の研修と処遇改善

●生活困窮者、ひとり親の支援

●病児保育の充実

 
「いのちと人権の尊重」


●人権文化が確立された市政。同和問題の根本的解決

●外国人の声をまちづくりに反映

●多文化共生の推進を地域で

●自殺、自死防止

障がい者の地域生活、就労支援

 

「快適な都市基盤の整備」


●国内外、空港の旅客・貨物路線確保。空港への多様なアクセス強化

●太刀浦コンテナターミナルの整備、湾岸施設の機能強化

●スタジアムと連携してのにぎわいづくり

●電柱地中化による安全確保、景観向上

東九州自動車道。沿線自治体との都市間交流

●急傾斜地への対策

 

「環境共生都市」


●持続可能な開発のための教育を推進

●資源循環型、低炭素化社会

●ノーマイカーやパークアンドライド推進

里山保全

脱原発の実現

●自電車専用道路の整備

●歩行者安全のためのエスコートゾーン整備

●公共施設への公共交通アクセス向上。事業者への働きかけ。

 

「保健・医療、高齢者施策」


●人間の尊厳が大切にされる医療、介護制度の充実

●産科・小児医療の充実で総合的な母子医療体制を整備

●がん、特定検診の周知。受診率向上。

●市立病院職員の労働条件改善。民間との提携。

●子宮頸がん予防ワクチン接種被害者の相談、救済、追跡調査。

 

 

f:id:mrkmstk:20171130084643j:plain

 

f:id:mrkmstk:20171130084758j:plain

9月議会の議事録

今日9月議会の議事録が届きました。

少数会派の質問が大会派によって、年間210分→60分に削減された件で

「事実上の欠席裁判」

「議事録も残っていない」

「民主主義の危機的状況」

の文言取り消しを求められましたが、お断りをし、議事録に残りました。

 

議会運営に関しては、疑問が多々あります。

一つ一つ、取り組みを続けていかなければなりません。

 

f:id:mrkmstk:20171130090026j:plain

広告を非表示にする

12月議会 〜質問時間・削減されたまま

12月議会は、12月1日~8日まで実質6日間と短いです。

国会に先駆けて(?)質問時間を、少数会派のみ 大幅削減した北九州市議会。

年210分あったものを、→年60分(1回15分) とは酷すぎます。

今回も15分の質問時間、フル活用で頑張ります。

 

12月議会のスケジュールです。

f:id:mrkmstk:20171123213810j:plain

議会報告会のご案内 

市議会主催の議会報告会が開催されます。

 

●11/21(火)18時30分~(約90分)  

                    北九州市立大学 小倉南区本館C-303 

 

●11/22(水)18時30分~(約90分)  市議事堂

 

 ぜひ、ご参加ください!

 

八幡西区での議会報告会ではー (11/13)

自分で開いている個人報告会とはまた違った形で大変勉強になりました。

手話、文字通訳も採用されており、市議の半数程が参加した賑やかな報告会でした。

しかし参加者の質疑時間が充分に取れず、せめて2時間にすべきではないかと思いました。また北九州市の規模で3ヶ所開催は少ないと考えます。

 

f:id:mrkmstk:20171118224132j:plain

f:id:mrkmstk:20171118224148j:plain

 

是非、多くの皆さまにご参加頂きたく、街頭でもご案内をしています。

f:id:mrkmstk:20171108213053j:plain

夜の黒崎駅にて 肌寒くなってきた11月初頭

19日は、 平和をあきらめない北九州ネット

毎月19日は、小倉駅前で「平和をあきらめない北九州ネット」の

街頭スピーチをしています。

 

◆11月19日(日)14時から 

 北九州市生涯学習総合センター 1階 A・B会議室にて

 纐纈 厚(こうけつあつし)山口大学名誉教授 講演会

 〜『憲法』のお話をお聞きします。

 

予約不要、参加無料です。

ぜひ足をお運び下さい。

 

f:id:mrkmstk:20171118221849j:plain

雲の上

北九州市の情報誌「雲の上」茶話会に参加させて頂きました。

行政発行とは思えない斬新さと、充実の内容で、創刊11周年。

大好きな冊子です。

街に生きる人々にスポットを当て、角打ちや祭、食など毎号テーマごとに

北九州市の魅力を全国に発信されています。

 

 

北九州のエッセンスあふれる;情報誌『雲のうえ』とは

 

f:id:mrkmstk:20171118222927j:plain

f:id:mrkmstk:20171118222944j:plain

広告を非表示にする