村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

総合防災訓練

地元の総合防災訓練に参加しました。

 

仙台市の防災減災危機管理アドバイザーの吉田亮一講師を迎えての実践的防災訓練では、一時避難所→避難所開設・受付・物質搬入・応急搬送・炊き出し、などチームに分かれての訓練。

東日本大震災を経験した仙台市は、同じ政令市ですが、さすが北九州市とは防災システムや訓練が違います。

 

南海トラフ地震は必ず来ます。

北九州市内には小倉東断層と福智山断層帯が走っていて、玄海原発川内原発の影響も受けるでしょう。スピード感を持った訓練が必要です。

 

大規模災害時、高齢化する地域では小学校高学年~中学生が大きな役割を担います。

「学校防災+地域防災 の一体化」の重要性を実感、さらなる訓練拡充の課題をいただきました。

 

 

穴生中学3年生の授業「災害時に外国人が抱える課題」では、

熊本地震被災者であるランブクピティヤ・ディヌーシャ久留米大講師(母国スリランカ)から、

「孤立を生まない声かけ、心のケアの大切さ」

「指示待ちではなく、自分で考えて動いて欲しい」とのお話がありました。

 

とにかく『声かけ』がとても大切です。普段から実践していきたいと思います。

f:id:mrkmstk:20181204232850j:plain

f:id:mrkmstk:20181204232925j:plain

 

f:id:mrkmstk:20181204232722j:plain

 

 

f:id:mrkmstk:20181204233006j:plain