村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

6月議会では 〜削減された質問時間で

 再びマスコミに 「一人会派排除の異常」 


6月9日付の長周新聞に、「一人会派の質問時間が減らされた」問題に関する記事が掲載されました。
あちらこちらから「おかしい」と声があがっているそうです。

 

議会は言論の場であるのに、一人会派の質問時間は答弁を含めて1回たった15分へと、持ち時間が、半分に削減されました。

 

これは、2-3月議会との比較です。2016年12月議会と比較すると、4分の1に減らされています。

 

議事録もなく、経緯も不透明。また一人会派が理由を知らされることもなく、決定された一人会派の質問時間。
今回15分を経験しましたが本当に厳しい状況です。

(年間4回の議会合計でたった60分)

 

 

現場の声をもっと活かさねば

今回は待機児童と保育士の労働環境について質問するために、

現役保育士の方々と「保育問題研究会」を立ち上げ、調査や話し合いを何度も重ね、意見や要望をまとめて来ました。
しかし、ろくに質問もできず…。これは、市民の不利益です。

 

苦肉の策で、第一質問を最低限に絞り、3分に短くしましたが、

市長答弁と局長答弁で7分。これでもう残りは5分。

答弁に対する私の意見を言ったら、第二質問も十分にできません。

 

 

もっと議論の場を!

会議日程も、質問時間も、増やして欲しいと思います。

あるいは、質問をされない議員もいらっしゃるので時間を分けて欲しいです。

6月議会で質問に立ったのは57人中22人でした。

(大会派メンバーも毎回発言に立てるわけではありません)

 

f:id:mrkmstk:20170613085621j:plain