村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

市民の負担増 これでいいのでしょうか?

 

公共施設の使用料値上げについて4月23日の説明会には大勢の市民が参加されました。

「受益と負担(使用する人が料金を払う)」は今のトレンドですが、

『住民福祉の増進』は地方自治の基本です。

採算ありきでは、所得に関係なく使えていた利用者が減ることも懸念されます。

会場からも市民負担が重いという意見が出ました。

 

特に無料解放していた小学校の運動場、体育館などが1時間300~400円となり、

このままでは、定期利用していた地域住民や高齢者にも大きな負担となります。

小中学校は地域の公共財産であり、私は高すぎると思います。

・使用チケットはコンビニ扱い

・使用料見込み 2100万
・コンビニ手数料等 △600万

・歳入 1500万増 見込  など

 

*子どもの育成を目的とした団体などは今まで通り無料です。

グランドゴルフ、卓球など高齢者は負担増になります。

 

市は健康寿命を伸ばす運動を奨めているのに、逆行した政策であり、

再考を強く要望します。これらの担当部署は、健康は保険福祉局、学校施設管理が教育委員会です。

 

 

写真は小中学校以外の施設使用料(案)です。

市民の異論がなければ6月議会で条例改定、施行されます。

「スタジアム建設に100億、返済に年1億5千万、ギラヴァンツへの補助金 年5000万。なのに市民の公共施設の値上げはないだろう」との声もあがっています。

市民施設が優先されるべきとの声は当然です。

 

いつも思いますが、各種説明会で常に思うが市民意見を聞く時間が少なすぎます。

昨日も15分程で多少延長はありましたがまったく足りず。

あくまで「案」と言いつつも「これで決定。ご理解下さい」との筋書きが進みます。

「意見は聞いた」というセレモニーにならぬよう市民意見を聞く時間をしっかり取るべきです。

強く要望していきます。

 

<主な施設使用料 改定案>

f:id:mrkmstk:20180426083732j:plain

f:id:mrkmstk:20180426083745j:plain