村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

もっと良くしよう! 北九州市議会

議会も進化の必要あり

市議になって、1年強経ちますが、驚くことも多いです。

スピード感を持って、今の時代のスタンダードに追いつかなければなりません。

 

例えば・・

以下のことを質疑で話したら、議長から「質問通告にない」と止められました。

私は、前文として用い話し、次に質問を続けました。

また、前文を用いるのは、私だけではありません。

議長はご自身の党(自民)議員が脇道に逸れた話をしても制止されません。

傍聴者からも同じ感想が上がりました。

 

・3.11で被災した方々への哀悼。

・収束しない原発や7万5千人の避難生活者、 その中での玄海再稼働と本市の防災、グリーンエネルギへの期待 など。

 

一人会派は、理由を明かされることなく、質問時間を減らされるなど、残念ながら全議員の公平な発言権が整備されていません。

 
是正を訴え続けています

①議員の賛否を公表しよう!
→現状では、誰がどの議案に賛成、反対したかわかりません。
(各地に住んだがこれは初めてで驚きました)

 

②大会派に所属しなくとも、議員全員がルールづくりの参加資格を!

議員は大会派でないとルールづくり会議に参加する資格がありません。
→議会基本条例の「議員平等の原則」に反しています。

 

前例より前進

 「前例より前進」の愛知県犬山市議会の素晴らしい取組みの例です。

議長はブルックリン出身のアンソニービアンキ氏。

このような開かれた議会を北九州市議会でも実現して欲しいです。

我が市は私のような一人会派は議会運営の会議にすら参加できない現状があります。

議長はじめ大会派の皆様、是非スピード感を持った改善を、

よろしくお願い致します。

↓↓ツイッターより日々発信しています

村上さとこTwitter

 

f:id:mrkmstk:20180212114440j:plain