村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

市長へ 2018年度の予算要望を行いました

日々、ツイッターから発信しています ↓↓

村上さとこ Twitter 

 

11月28日

市長へ社民党北九州より2018年度の予算要望を行いました。

社民推薦議員の私も同席しました。

市民活動では何度も市長に申し入れを行い、がれき広域処理受入れ反対時には

市長室階に上がれぬようエレベーターボタンを外されたりと、

当時は最後まで市長に会えませんでしたが、今は堂々とお話し出来ます。

 

「政策の基本姿勢」大きく4点 

少子高齢化で福祉・医療費が増加。厳しい北九州市財政の中、
市長へ要望する「政策の基本姿勢」は大きく4点です。


●平和で安全安心な人にやさしい市政
●豊かな人間性、多様性を認め合う人権、教育、文化都市の推進
地場企業の育成、雇用不安のない市政
●参画と公開で市民が主役の市政

 

 

重点項目は: (1~9)


1.非核平和都市として核廃絶・平和意識を高める事業を。

 勝山公園内に設置する平和資料館の早急な具体化。

 

2.暴力なき町。交通安全の推進、安全安心な生活環境の整備。

 

3.マイナンバーカードを持たない市民が公平に行政サービスを受けられる事。

 個人情報漏洩、不正利用防止対策の強化

 
4.地場中小企業の支援を充実。
 企業支援、新産業育成による経済活性化と常用雇用の拡大
 
6.公共事業、指定管理委託業務の質の確保。
 労働者への適正な賃金、労働条件。そのための公契約条例の制定。
 
7.交通弱者を生まない「北九州市地域公共交通網形成計画」の着実な実行。
 公共交通の充実
 
8.人権教育、啓発を進める。部落差別解消推進法(2016年)の周知。
 
9.若戸大橋・トンネルの通行料無料化に伴う、若戸渡船の無料化。

 

基本政策の詳細は:

「平和で安全安心な市政、市民参画、情報公開」

●市内戦跡の保存と平和教育への活用
●政策決定への市民参画。市議会の議事録、議案の公開。パブコメのPR強化。 

 公募委員枠の拡大。
指定管理者制度のあり方検証、見直し。選定や評価公開の充実。 
 

「活気ある産業創出、雇用拡大」

●雇用対策室の常設
●若者、シニア、女性、障害者のニーズに応えた就労支援
ブラック企業の調査、公表
●空き店舗の利活用
●農水産業支援
●学校給食での地産地消
●「コスト」を理由に 民間委託、指定管理、民間移譲を強要、導入しない。

 
「誰もが活き活き暮らせる社会」

ワークライフバランス推進

●DV啓発。支援センターを確立

LGBT啓発、相談体制確立

奨学金制度の充実・支援

●保育サービス拡充 保育士の処遇改善

●放課後児童クラブ増設。指導員の研修と処遇改善

●生活困窮者、ひとり親の支援

●病児保育の充実

 
「いのちと人権の尊重」


●人権文化が確立された市政。同和問題の根本的解決

●外国人の声をまちづくりに反映

●多文化共生の推進を地域で

●自殺、自死防止

障がい者の地域生活、就労支援

 

「快適な都市基盤の整備」


●国内外、空港の旅客・貨物路線確保。空港への多様なアクセス強化

●太刀浦コンテナターミナルの整備、湾岸施設の機能強化

●スタジアムと連携してのにぎわいづくり

●電柱地中化による安全確保、景観向上

東九州自動車道。沿線自治体との都市間交流

●急傾斜地への対策

 

「環境共生都市」


●持続可能な開発のための教育を推進

●資源循環型、低炭素化社会

●ノーマイカーやパークアンドライド推進

里山保全

脱原発の実現

●自電車専用道路の整備

●歩行者安全のためのエスコートゾーン整備

●公共施設への公共交通アクセス向上。事業者への働きかけ。

 

「保健・医療、高齢者施策」


●人間の尊厳が大切にされる医療、介護制度の充実

●産科・小児医療の充実で総合的な母子医療体制を整備

●がん、特定検診の周知。受診率向上。

●市立病院職員の労働条件改善。民間との提携。

●子宮頸がん予防ワクチン接種被害者の相談、救済、追跡調査。

 

 

f:id:mrkmstk:20171130084643j:plain

 

f:id:mrkmstk:20171130084758j:plain