村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

保育問題 研究会  〜第3回

7月9日、村上さとこ事務所にて、第3回保育問題研究会を開催しました。


今回は、保育とインクルーシブ教育の観点から、

障がい児の小中高校進学と就職の課題まで、幅広く議題を設定しました。

 

支援学校で教えられている現職の先生方にもご参加いただき、

現場の生の声を聞くことが出来ました。

無理なお願いにも関わらず、こころよく駆けつけて下さり、

先生方には本当に感謝しています。

 

インクルーシブ教育とは、障害のある子どもを含むすべての子どもに対して,

子ども一人一人の教育的ニーズにあった適切な教育的支援を「通常の学級において」行う教育であり、現在のトレンドです。

 

「分けない」「居住地と地域で教育を」が基本であり

「分けたところから差別がはじまる」という考え。


しかし、支援学校を否定している訳ではなく、

子ども自身や親の要望が最大限尊重されるような配慮が必要です。


また、支援学校には障がい者の就職枠があり、

実際に高校進学時には支援学校を選ぶ生徒も多いとのことです。

 

北九州市はいま、来年度の「障がい者差別解消条例」の制定に向け動いています。

今回の会合で、教育現場への人的配置をはじめ、様々な課題も浮かび上がりました。


私もさらに勉強し、様々な声を市政に活かすよう動いていきます。

 

f:id:mrkmstk:20170710214430j:plain