読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区在住。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

4月18日 保健病院委員会・ご報告

4月18日開催、北九州市議会 保健病院委員会の報告です。

 

平成28年北九州市障害児・者等実態調査報告について

28年10月までに行った市民アンケート結果がまとまりました。(添付)

 

福岡県による地域医療構想の策定について

団塊の世代が75才になり医療・介護需要の最大化が起こる「2025年問題」解決のため、国は医療機能の分化・連携(「医療連携」)を推進することにより、急性期から回復期、在宅療養に至るまで、地域全体で切れ目なく、必要な医療が提供される「地域完結型医療」を推進しています。

現在、福岡県では指針に沿って地域医療構想を計画しています。

 

北九州保健医療圏は「北九州市水巻市・中間市遠賀町芦屋町岡垣町」です。

この構想地域は、高齢者保健福祉計画における高齢者保健福祉圏域と同じです。

比較的 医療体制の充実している北九州地域では、現在のままでも2025年における急性期、慢性期の病床数は十分であると言われます。

しかし、高度急性期と回復期で病床数が不足するため、取り組みが必要です。

 

 

北九州市立食肉センター事業経営計画について

食肉業者が家畜を持ち込み畜解体し、市場を通さず食肉販売できる施設ですが、慢性的赤字で、毎年 約1億8000万円を一般会計からの繰り入れ運営している状況です。

33年度までには経営努力で繰入金を1億7000円まで減らす計画が立てられています。

1千万円の削減ですが、と畜の数も減っており見通しは厳しいと感じられます。

公営屠畜場の経営について詳しく調べたいと思います。

また人件費のほとんどは食肉協同組合の委託ですが、経費削減は末端労働者の賃金低下に繋がる懸念があると思います。

 

市立病院のあり方検討会儀について

救急と小児医療の拠点である市立八幡病院が2018年に新築移転、独立行政法人化されます。

今日までに専門家を交え「あり方検討会」を開催、今後も継続していきます。

この会議は誰でも傍聴できますので、ぜひ市民参加をお願いいたします。

 

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000768573.pdf