読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区在住。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

北九州市議会、分科会で市長の一般質疑を終えました。

さとこ日記 議会から

本日、北九州市議会、分科会で市長の一般質疑を終えました。

持ち時間は7分。

 

質疑内容は

「多文化共生施策、インバウンド(外国人来訪者)拡充における『医療通訳』について」です。

 

しかし、新人議員には、まだまだ勝手がわかりません。

今日までも、病院局発表会、保健福祉局、子ども家庭局、病院局…と局ごとに質問を重ねてきました。

(私は、第二分科会は、保健福祉局、子ども家庭局、病院局、教育委員会、市民文化スポーツ局の議案を担当)

なので、今日は今までしたことのない新たな事柄について調査し、まとめ、質疑に臨みました。

 

しかし、今日の質疑は、

「あれ、また同じ質問?」「それもう回答が出てるよね」という質問が、

ベテラン議員たちから多く出されていました。

当然、市長や局長たちからは、先日と同じ回答が返ってきます。

「この質問のやり取り、つい先日聞いたばかり…」というデジャブ感…。

今までのやりとりは練習で、今日は議会中継が入る「まとめ・発表」の場? 

 

もしも連日に渡って傍聴している市民がいたら、同じやりとりを繰り返し聞くことになり、面白くないだろうと思いました。寝ている議員もいますが、これじゃ眠くもなるでしょう。

 

ある人に聞いたら「本議会、委員会、分科会、分科会市長質疑、それぞれの使い分けが、そのうちわかってくる」そうなのですが…。


すべての場で質問、追及、討論を重ねて全力投球していけば間違いはないのでしょう。

 

f:id:mrkmstk:20170323192114j:plain