村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

ありえない! 「発言」の時間 削減

北九州市議会。 増える自民会派、言論封殺される少数会派

 

5月1日より、少数会派3人が自民会派へ移動します。
会派内訳は、自民21名、公明13人、ハートフル(民進・社民)11人、共産10人、希望と未来(私)1名、ふくおかネット1名。
少数会派は、私とふくおかネットだけとなります。

 

同時に、少数会派の質問時間が削減されます。

これまで年間210分だった質問・質疑時間が、「質問・質疑どちらから」で年間60分へと、3分の1に減らされます。

これは、実質的な言論封殺であり、「少数会派に質問時間など やらんでもいい」という声が私の耳にも入ってきています。

 

議論・討論の場である議会において、あまりにも横暴な決定です。

質問は「答弁も入れて15分」なので、例えば5分質問をして、10分の答弁が返ってきたら それで終了です。タイムアウトでさらなる追及は出来ません。

議会の場でなくても、議員は疑問点があれば担当部局に尋ね、回答を得ることが出来ますし、私もそうしています。

しかし、議会の大きな役割は、議論を深め、執行部(市長+各局)のやり取りや考えをきちんと記録に残すことであり、普段の質問より意味合いが大きくなります。

 

質問時間削減は、自民・公明・ハートフル・共産の4会派で構成される「議会運営委員会」で、自民党により提案されて、全会派一致で決定されました。

 

この議会運営委員会には、少数会派の参加は許されず、自分たちの持ち時間が減らされるというのに議会で意見を述べることもできません。

また、60分に減らされた過程については全く不透明で、議事録に記録がありません。

 

北九州市議会基本条例 第9条には

「議員平等の原則に従い民主的で円滑な議会運営を推進する」とあります。

 

1月に選任された新議長(自民)も「少数会や女性に配慮した議会運営を行う」と宣言しています。ただの建て前でしょうか。

文言に逆行した決定はあまりにもおかしいと考えます。

 

多数決原理の諸原則と、個人および少数派の権利を組み合わせたものが民主主義。

議会は、多数派の意思を尊重する一方で、少数会派の基本的権利を守り積極的に意見を取り入れる場のはずです。

 

北九州市議会で民主主義の基本が崩壊しつつあります。

 

北九州市議会基本条例

急務です!〜保育士の処遇改善〜

働く親にとって保育問題は重大です。

 

北九州市では、4月時点の待機児童はゼロですが、年度途中や潜在的待機児童が700人近くいます。

私は現職保育士(正規・非正規)の意見を伺い、2月~3月議会においては、保育士不足や処遇改善について質問を重ねてきました。

保育士不足の大きな原因は、「給与が安い」「仕事がきつい」です。

 

保育士の仕事は、子どもの安全や、過ごしやすい環境を確保する重労働である上に、責任も大変大きな仕事です。

4月より保育士の賃金が月額6000円上がりますが、それでも全職種の平均給与より10万円低く十分とは言えません。

また、保育に「サービス」を求める親の要求も高くなっており、対応に苦慮していると伺いました。

私は、東京都などのように、自治体独自で加算し抜本的解決をはかって欲しいと訴えました。

 

今回、国の政策は

「すべての保育士の賃金を一律6000円アップ。

中堅職員へも昇級制度を設ける(平均継続年数が7年程度のためインセンティブをつけて長く働いてもらうようにする)」でした。

 

しかし、この政策で84自治体の7割が「保育士不足が解消しない」と答えています。

子ども家庭局に問い合わせをすると、北九州市も「解消しない」と回答した自治体のひとつでした。

 

市も、潜在保育士に6000人に現場復帰してもらうようDMを送るなど工夫を重ねていますが、29年度も保育士不足は解消に向けて、さらなる努力が必要です。

 

【保育士不足、解消せず7割 4月の賃上げ後も 主要84自治体調査】

(産経ニュース 2017.3.27)

f:id:mrkmstk:20170411090216j:plain

3月29日 本会議の最終日にて

各会派の立ち位置は、このように明確です。

 

組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律への

 『テロ等準備罪』新設に反対する意見書」

◆賛成:希望と未来(私)・ふくおかネット・ハートフル(民進、社民その他)・共産党(提出会派)

◆反対:自民・公明・市民の会・北九未来

賛成少数で否決  3/29本会議最終日】

 
 
 

南スーダンからの自衛隊早期撤収を求める意見書」

◆賛成:希望と未来(私)・ふくおかネット・共産党(提出会派)

◆反対:自民・公明・ハートフル(民進、社民その他)・市民の会・北九未来

賛成少数で否決  3/29本会議最終日】

 

 

「学校法人森友学園への国有地売却に関する意見書

(国と政府に徹底解明を求める)」

◆賛成:希望と未来(私)・ふくおかネット・共産党(提出会派)

◆反対:自民・公明・ハートフル(民進、社民その他)・市民の会・北九未来

賛成少数で否決  3/29本会議最終日】

 

 

玄海原子力発電所再稼働中止 及び 原子炉廃止を求める意見書」

◆賛成:希望と未来(私)・ふくおかネット・共産党(提出会派)

◆反対:自民・公明・ハートフル(民進、社民その他)・市民の会・北九未来

賛成少数で否決  3/29本会議最終日】

 

 

辺野古新基地の建設中止を求める意見書」

◆賛成:希望と未来(私)・ふくおかネット・共産党(提出会派)

◆反対:自民・公明・ハートフル(民進、社民その他)・市民の会・北九未来

賛成少数で否決  3/29本会議最終日】

北九州市議会 議会のルールは、市民の知らないところで変わっていく?

「多数決の原理  と  少数派の権利」

 

議決は多数決で決まりますが、多数決で全ての正解を出せる訳では、もちろんありません。

小さな声にもしっかりと耳を傾けていくこと。

これを信条とし、信託に応えるべく臨んだ初めての議会。

いろいろな課題が見えてきました。

 

そして今、市民に大きく知らされることがないままに、

市議会のルール改正(これは正ではなく、改悪だと思います)」が進行しています。

 

本会議における、1人会派の質問時間が大幅削減されます。

現在、私も含め、1人会派は3つです。

 

このルールを決めるのは、「議員5人以上」の会派代表者で構成される「議会運営委員会」です。

 

少数が排除された場所ですべてが決まっていく、これはおかしいと思います。

しっかりと声をあげていきます。

 

 

f:id:mrkmstk:20170401100107j:plain

 

村上さとこ プロフィール

1965年8月4日生まれ

家族:夫・子ども3人(中学教員・大学生・小学生) 

前職:訪問介護員

 

2017年1月 北九州市議会議員に初当選

保健病院委員会に所属

福岡県 後期高齢者医療 広域連合 委員

 

趣味:ダンス(ミュージカル出演経験あり)

特技:側転・倒立歩行

 

今までの社会活動

「未来政治塾」修了(嘉田由紀子・元滋賀県知事 主宰)

環境、平和、原発や社会問題の講演主催・司会 多数。

福島の子どもたちの保養・支援 他、意欲的に活動。

 

  •  NPO法人 労働相談センター(雇用問題を考える会・八幡)幹事
  • 高齢社会をよくする北九州女性の会 
  • 平和をあきらめない北九州ネット 幹事
  • I女性会議八幡支部 
  • みんなで選挙ふくおか 北九州世話人
  • 市民連合ふくおか呼びかけ人
  • 子どもと貧困センター賛助会員
  • 玄海原発訴訟 原告  
  • 玄海原発プルサーマル裁判・原告
  • 子ども脱被ばく裁判 会員
  • 抱樸(北九州ホームレス支援機構)賛助会員
  • TPP交渉差止・違憲訴訟の会
  • 平和をあきらめない北九州ネット 幹事
  • 日本熊森協会会員

「八幡地区雇用問題を考える会」

先週「八幡地区雇用問題を考える会」の役員会がありました。

非正規雇用比率が4割を超え、労働環境はますます厳しくなっています。

「正社員になったが自給換算すればバイトのほうが賃金が高かった」という正社員の相談も増えています。


村上さとこ事務所では、市政相談の一環としても雇用に関する相談を伺い、

必要に応じて連携弁護士やユニオン(一人でも加入できる労働組合)に繋いでいます。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

093-621-0480

村上さとこ事務所
北九州市八幡西区穴生1-18-26

f:id:mrkmstk:20170327115136j:plain

北九州市議会、分科会で市長の一般質疑を終えました。

本日、北九州市議会、分科会で市長の一般質疑を終えました。

持ち時間は7分。

 

質疑内容は

「多文化共生施策、インバウンド(外国人来訪者)拡充における『医療通訳』について」です。

 

しかし、新人議員には、まだまだ勝手がわかりません。

今日までも、病院局発表会、保健福祉局、子ども家庭局、病院局…と局ごとに質問を重ねてきました。

(私は、第二分科会は、保健福祉局、子ども家庭局、病院局、教育委員会、市民文化スポーツ局の議案を担当)

なので、今日は今までしたことのない新たな事柄について調査し、まとめ、質疑に臨みました。

 

しかし、今日の質疑は、

「あれ、また同じ質問?」「それもう回答が出てるよね」という質問が、

ベテラン議員たちから多く出されていました。

当然、市長や局長たちからは、先日と同じ回答が返ってきます。

「この質問のやり取り、つい先日聞いたばかり…」というデジャブ感…。

今までのやりとりは練習で、今日は議会中継が入る「まとめ・発表」の場? 

 

もしも連日に渡って傍聴している市民がいたら、同じやりとりを繰り返し聞くことになり、面白くないだろうと思いました。寝ている議員もいますが、これじゃ眠くもなるでしょう。

 

ある人に聞いたら「本議会、委員会、分科会、分科会市長質疑、それぞれの使い分けが、そのうちわかってくる」そうなのですが…。


すべての場で質問、追及、討論を重ねて全力投球していけば間違いはないのでしょう。

 

f:id:mrkmstk:20170323192114j:plain

「小倉タイムス」で、とりあげて頂きました。

小倉タイムス3月11日号より。

一般質疑で選挙公報発行条例を求めたことが記事になっていました。

 

市長自らは条例を提案しないと明言したので、私は議会改革協議会が立ち上げを強く要望しました。

こちらは現在 実現に向け動いているようです。

議会改革協議会メンバーは議員5人以上の交渉会派から選出される決まりであり、

一人会派の私は傍聴して審議を見守っていきたいと思います。

 

 

f:id:mrkmstk:20170314220333j:plain

f:id:mrkmstk:20170314220407j:plain

議会を抜けて挨拶に?

一昨日は、初めての一般質疑でした。

大勢の皆様に傍聴に来ていただきました。本当にありがとうございました。

 

議会に詳しい人から

「自分の質疑が終わったら、議会を途中で抜けて来てくれた傍聴者に挨拶に行くのが慣習。みんなそうするんだよ」と言われてビックリしました。

他の議員を見ると、確かに自分の質疑の後には挨拶に抜け出しています・・。

 

大切な議会の途中で抜け出るなんて、はっきり言って、これはおかしいと思うし、

慣習ならばやめたほうが良いと思います。

 

来てくださった皆様には申し訳ないけれど、私は議会を抜けて挨拶には行きません。

他の議員の質疑は本当に参考になります。私の席は最前列。

会議中は前のめりでメモを取り、一語一句聞き逃さないよう、今後に生かせるよう集中しています。

 

市民に託された、それが私の仕事です。

寝ている議員たち、本当にもったいないです。

 

中継録画はここから見られます。
http://www.gikai-tv.jp/dvl-kitakyushu/2.html

対応ブラウザなどはこちらです ↓
http://www.gikai-tv.jp/dvl-kitakyushu/help.html#c2

 

前日、議会棟の控え室で午前1時までかかって原稿を書いていたら、

今朝「規定はないけれど、あまり遅くなるのは危ないから」と議会事務局からやんわり注意を受けました。

「なんで知ってるの?」と思ったら、議員が来た時間・帰った時間は、

警備から事務局に毎日報告があがってくるのだそうです。

 

f:id:mrkmstk:20170310114330j:plain

3月8日(水)午後1時15分~45分の30分間、本会議で質問に立ちます。

議会の一般質疑の日程が決まりました。

私の質疑は3月8日(水)午後1時15分~45分の30分間です。

 

一人会派の「質疑」時間は15分ですが、次回・6月議会の15分を繰り上げて合計30分の時間を取りました。6月議会の「質疑」は出来ませんが、6月議会には「質問」時間が15分あるので、次回もちゃんと発言できます。
この仕組み、最初はよくわかりませんでした。

 

◆「質疑」・・ 執行機関(市長並びに教育委員会等の行政委員会及び監査委員など)が提出した議案等に対して、議員が疑問点を問いただすこと。議案に対する賛成や反対の意見を述べることは「討論」にあたるので出来ない。


◆「質問」・・ 議員が市政全般に関して、執行機関に現状や見通しを自由に聞くこと

しかし、「質問」「質疑」の内容は重なる点も多く、違いがわからないほど曖昧な部分もあると思います。例えば、同じ内容の質問でも、聞き方次第では「質疑」にも「質問」にもなり得てしまいます。(厳格に区別している地方議会はあるのでしょうか?)

 

◆ 議会は「発表」の場!?

議会で発言するには、国会と同じように事前の「発言通告」が必要です。

「こんな質問をします」という通告書を出し、執行部は事前に回答を用意します。

だから、議会当日には議員の質問原稿、執行部の答弁書という「大筋のシナリオ」が完成しているわけです。

予期せぬハプニングも生まれますが、議会はシナリオ発表の場なのですね。

 

議会の場以外でも、質問があれば課長級以上の職員がすぐ部屋に来て丁寧に説明してくれます。日常的に何でも答えてもらえます。

議員はその中から

「今、こんなことが問題になっている」「特に市民にこれを知ってほしい」「執行機関の見解を公式な記録に残したい」等ということを取り上げて、質問するのですね。

大切なのは、議事録として文言が残ること。議員は「獲得目標」が何であるか明確にして質問しなければならないのだと思います。

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000762358.pdf

f:id:mrkmstk:20170305190016j:plain

f:id:mrkmstk:20170305190026j:plain