読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区在住。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

森ゆうこ参議院議員から大きな応援を頂いています!

応援メッセージ

森ゆうこ参議院議員から為書き(この写真のことをそう呼びます)を頂きました!

村上さとこは自由党からも推薦をいただいている無所属の候補者です。

自由党は《真の自由は、「国民の生活が第一」の政治によってしか実現し得ない》という理念を掲げている政党です。

 

村上さとこも、北九州市民の生活を第一に考える市政こそが

今後の北九州を豊かにしていくと考えています。

 

f:id:mrkmstk:20170125102709j:plain

佐々木 允 福岡県議会議員 も応援にかけつけて下さいました!

応援メッセージ

全国最年少市議会議員として25歳で当選され、福岡県議会議員として奔走される佐々木まこと議員からも為書きが届きました。

 

 

f:id:mrkmstk:20170125114016j:plain

f:id:mrkmstk:20170125112132j:plain

米山隆一 新潟県知事から、熱い応援を頂きました!

応援メッセージ

身の引き締まる思いです。

必ず頂いた応援に応えていきたいと思います。

 

f:id:mrkmstk:20170125110740j:plain

 

 

f:id:mrkmstk:20170125111117j:plain

緑の党 からも推薦を頂いています

応援メッセージ

持続可能な社会、地域で活性化させる、新しい経済のかたち。

村上さとこの信じる未来です。

 

 

f:id:mrkmstk:20170125113026j:plain

自由党 小沢一郎代表から為書きが届きました

応援メッセージ

野党共闘していかなければならない。

より良い社会を目指し、ひた走りに走って参りました、村上さとこ。

党をこえ、たくさんの方が応援してくださっています。

本当にありがとうございます!

 

f:id:mrkmstk:20170125111728j:plain

村上さとこ 出発式のご案内

お誘い合わせの上、ぜひご参加をお願いいたします。

日時 1月20日(金)午前10時より

場所 村上さとこ  と 未来をつくる会 事務所 

                  :北九州市八幡西区穴生一丁目18―26

        筑豊電鉄線・穴生(あのお)駅最寄

 

f:id:mrkmstk:20170119145610j:plain

・駐車場のご準備がございませんので、公共交通機関のご利用をお願いいたします。

・路上駐車など近隣住民の皆様の迷惑にならないようにお願いいたします。

 

 

【市議選広報がない】村上さとこのインタビューが西日本新聞の 記事になりました

さとこ日記

f:id:mrkmstk:20170118113655j:plain

f:id:mrkmstk:20170118113728j:plain

f:id:mrkmstk:20170118220035j:plain

f:id:mrkmstk:20170118113739j:plain

f:id:mrkmstk:20170118113745j:plain

北九州市議選、選挙公報なし 新人「政策訴える機会減る」

 

西日本新聞から受けたインタビューが記事になりました。

私は「市議選広報の発行(発行条例の制定)」を今まで2回、議会に陳情しています。

特別委員会を開き、条例制定すればすぐにでも発行可能でしたが、

現職はそれをしませんでした。

 

西日本新聞へは「候補者の情報が届かないということは立候補者にではなく

有権者にとっての不利益』」だとお話ししました。

民主主義とは一定のコストがかかるものであり、

そこに費用対効果を持ち出してはだめです。

また、すべての候補がネット発信しているわけではありません。

紙媒体の広報紙がなくても、少なくとも市のHPに全候補の広報を公開すべきでした。

 

=2017/01/15付 西日本新聞朝刊=

 

20日告示される北九州市議選で、選挙公報が発行されない。

候補者にとって自身の経歴や公約を有権者にアピールできる貴重な機会で、

議員選では九州の県と県都の全て、全国20政令市でも広島を除く

18市で発行されているのに、北九州市議会は及び腰だ。

市議の1人は「読む人が少ない」と説明するが、

出馬予定の新人からは「現職のように顔が知られていない新人が、

経歴や政策を有権者に届ける手段を奪うものだ」と不満の声が上がる。

 

 九州各県と県庁所在地は発行

選挙公報候補者の氏名や経歴、公約などを掲載した文書。

公職選挙法では国政選挙と都道府県知事選で発行が義務付けられ、

他の地方選でも条例で定めれば発行できる。

総務省によると、議員選では全国40都道府県と、

全国の市(東京都特別区を含む)の約9割が発行。

 

北九州市も市長選は出しているが、市議選は

「議会で条例を定めていないので発行していない」(市選挙管理委員会

という。

 市議会では前回市議選後、一部会派が条例制定を求めたが、

主要4会派による協議会では「候補者の主張はネットを見れば分かる」など

消極的な声もあり、見送った。

発行と配布には最大3600万円の経費がかかるとされ、

協議会座長を務めた自民会派幹部は

「予算に見合う効果が得られない」と説明する。

 

ただ、無所属で出馬予定の新人は

「現職は名前が知れているが、そうでない新人は選挙公報が発行されないと不利だ。発行は民主主義に必要なコストで、費用対効果で判断するのはおかしい」と批判する。

 

別の新人も

「お金も地盤もなく、世襲でもない新人は有権者に主張を伝える手段に乏しい。フェアじゃないと感じる」と不満顔だ。

 

有権者からも戸惑いが漏れ、転勤で1年半前に転入してきた会社員女性(34)は

「これまでは公報を見て投票する人を決めてきた。転勤族は公報がないと投票先が決めにくい」。

 

熊本大の鈴木桂樹教授(政治学)は

選挙公報有権者候補者を選ぶ材料を充実させる有効な手段。

発行したほうがいい」と指摘する。

 

www.nishinippon.co.jp

 

さあ、ご一緒に! 奈須りえ(大田区議)

応援メッセージ

村上さとこさんを議員にしましょう。

 

市民運動がどれだけ活発になっても、

意思決定を変えなければ、

暮らしを良くすることはできません。

国は法律で私たちの暮らしを左右しますが、

国だけで私たちの暮らしを良くすることはできません。

 

国がダメでも、地方自治体が

水際で歯止めの役割を担えることはたくさんあります。

身近な暮らしの予算配分、政策選択を誤らない人を議員にしましょう。

私たちの声を聞き、行政の誤りをキッパリ言える人に

議会に行ってもらいましょう。

 

 

村上さとこさんは、東日本大震災以来の運動の仲間です。

災害がれきの広域処理の問題点を明確に指摘し、

行政に切り込んでいた時から、

こういう方が政治の現場で活躍できれば、

私たちの暮らしは良くなると見ていました。

 

 

村上さとこさんが議席を確保することで、

北九州市の政治は、今よりずっと大きな可能性を持ち、

市民が何倍もの力をつけるのは間違いありません。

 

 

さあ、ご一緒に!

 

奈須りえ

大田区議会議員(東京都)

f:id:mrkmstk:20170117180935j:plain

 

 

「この人ならやってくれる」 三宅洋平・音楽家

応援メッセージ

こんなにエネルギッシュな人はなかなか見当たりません。

 

北九州というハードルの高い選挙区で、

政治と市民をもっと近づけることのできる市議会議員を目指す

村上さとこさんの奮闘が始まっています。

 

これまで数多くの市民派選挙の現場へ駆けつけては

力強いサポートを果たしてきた、さとこさんの行動力と意思の強さには

「この人なら何かやってくれる」という期待を込められます。

 

こんなにエネルギッシュな人はなかなか見当たりません。

変化を望む4000人ほどの北九州市民が、

目ざとく村上さんを見出してくれることを願っています。

 

三宅洋平 音楽家・政治団体NAU代表f:id:mrkmstk:20170113175954j:plain

村上さとこへの応援、ありがとうございます

いただいた応援に、誠心誠意、応えてまいります。

 
明けましておめでとうございます。
皆様にとって、世界にとって、
どうか良い一年となりますように。
 
たくさんの方々と交わすご挨拶で、嬉しい年の初まりです。
 
20日の告示日まで、わずか2週間。
 
今日は地域をまわっている時、初対面の方に「FB 見ています」とお声掛けいただきました。
別の方からは「村上さんがいつも黒崎駅に立っていること、通学で駅を利用している娘から聞いていますよ」という嬉しいお言葉。 
 
いただいた応援に、誠心誠意で応えていきます。
引き続き、村上さとこの応援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 

f:id:mrkmstk:20170105225243j:plain