村上さとこ 公式ウェブサイト

北九州市八幡西区。 労働問題「みんなで選挙ふくおか」地域世話人。「市民連合ふくおか」呼びかけ人。

村上さとこ 出発式のご案内

お誘い合わせの上、ぜひご参加をお願いいたします。

日時 1月20日(金)午前10時より

場所 村上さとこ  と 未来をつくる会 事務所 

                  :北九州市八幡西区穴生一丁目18―26

        筑豊電鉄線・穴生(あのお)駅最寄

 

f:id:mrkmstk:20170119145610j:plain

・駐車場のご準備がございませんので、公共交通機関のご利用をお願いいたします。

・路上駐車など近隣住民の皆様の迷惑にならないようにお願いいたします。

 

 

【市議選広報がない】村上さとこのインタビューが西日本新聞の 記事になりました

f:id:mrkmstk:20170118113655j:plain

f:id:mrkmstk:20170118113728j:plain

f:id:mrkmstk:20170118220035j:plain

f:id:mrkmstk:20170118113739j:plain

f:id:mrkmstk:20170118113745j:plain

北九州市議選、選挙公報なし 新人「政策訴える機会減る」

 

西日本新聞から受けたインタビューが記事になりました。

私は「市議選広報の発行(発行条例の制定)」を今まで2回、議会に陳情しています。

特別委員会を開き、条例制定すればすぐにでも発行可能でしたが、

現職はそれをしませんでした。

 

西日本新聞へは「候補者の情報が届かないということは立候補者にではなく

有権者にとっての不利益』」だとお話ししました。

民主主義とは一定のコストがかかるものであり、

そこに費用対効果を持ち出してはだめです。

また、すべての候補がネット発信しているわけではありません。

紙媒体の広報紙がなくても、少なくとも市のHPに全候補の広報を公開すべきでした。

 

=2017/01/15付 西日本新聞朝刊=

 

20日告示される北九州市議選で、選挙公報が発行されない。

候補者にとって自身の経歴や公約を有権者にアピールできる貴重な機会で、

議員選では九州の県と県都の全て、全国20政令市でも広島を除く

18市で発行されているのに、北九州市議会は及び腰だ。

市議の1人は「読む人が少ない」と説明するが、

出馬予定の新人からは「現職のように顔が知られていない新人が、

経歴や政策を有権者に届ける手段を奪うものだ」と不満の声が上がる。

 

 九州各県と県庁所在地は発行

選挙公報候補者の氏名や経歴、公約などを掲載した文書。

公職選挙法では国政選挙と都道府県知事選で発行が義務付けられ、

他の地方選でも条例で定めれば発行できる。

総務省によると、議員選では全国40都道府県と、

全国の市(東京都特別区を含む)の約9割が発行。

 

北九州市も市長選は出しているが、市議選は

「議会で条例を定めていないので発行していない」(市選挙管理委員会

という。

 市議会では前回市議選後、一部会派が条例制定を求めたが、

主要4会派による協議会では「候補者の主張はネットを見れば分かる」など

消極的な声もあり、見送った。

発行と配布には最大3600万円の経費がかかるとされ、

協議会座長を務めた自民会派幹部は

「予算に見合う効果が得られない」と説明する。

 

ただ、無所属で出馬予定の新人は

「現職は名前が知れているが、そうでない新人は選挙公報が発行されないと不利だ。発行は民主主義に必要なコストで、費用対効果で判断するのはおかしい」と批判する。

 

別の新人も

「お金も地盤もなく、世襲でもない新人は有権者に主張を伝える手段に乏しい。フェアじゃないと感じる」と不満顔だ。

 

有権者からも戸惑いが漏れ、転勤で1年半前に転入してきた会社員女性(34)は

「これまでは公報を見て投票する人を決めてきた。転勤族は公報がないと投票先が決めにくい」。

 

熊本大の鈴木桂樹教授(政治学)は

選挙公報有権者候補者を選ぶ材料を充実させる有効な手段。

発行したほうがいい」と指摘する。

 

www.nishinippon.co.jp

 

村上さとこへの応援、ありがとうございます

いただいた応援に、誠心誠意、応えてまいります。

 
明けましておめでとうございます。
皆様にとって、世界にとって、
どうか良い一年となりますように。
 
たくさんの方々と交わすご挨拶で、嬉しい年の初まりです。
 
20日の告示日まで、わずか2週間。
 
今日は地域をまわっている時、初対面の方に「FB 見ています」とお声掛けいただきました。
別の方からは「村上さんがいつも黒崎駅に立っていること、通学で駅を利用している娘から聞いていますよ」という嬉しいお言葉。 
 
いただいた応援に、誠心誠意で応えていきます。
引き続き、村上さとこの応援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 

f:id:mrkmstk:20170105225243j:plain

村上さとこの実行

「政務活動費の情報公開」「市議選広報の発行」を陳情中です

口頭陳情をしてきました。陳情の趣旨は3点です。 

① 北九州市HPでの、政務活動費の収支報告書、会計帳簿、領収書、
  その他証拠書類の完全公開 
 
② その際には、会派だけでなく、議員ひとりひとりの収支報告書、会計帳簿、
  領収書、その他の証拠書類を公開すること 
 
③ 政務活動費はひと月あたり定額35万円の「前払い制」から、実費のみ清算の
 「後払い制」に変更すること。  
 
結果、これらは継続審議になりました。 
 
北九州市の12月議会はもうすぐ閉会、現市議たちの任期は1月20日までですが、急ぎ特別委員会を開き、本年度中には政務活動費のインターネット公開を決定して欲しいものです。 
 
インターネット上で、収支報告書及びその裏付け資料(領収書等)を各議員単位で開示している地方自治体は、
 
大阪府大阪市高知県函館市大津市・西宮市、兵庫県、神戸市、京都市徳島県横須賀市富山県宮城県など,全国で少なくとも30以上にものぼっています。先日、大分市鹿児島市もインターネット公開を決めました。 
 
 
◯「北九州市議会における政務活動費の交付に関する条例」における
  政務活動費の「透明性の確保」が、 
 
◯「北九州市議会基本条例」における「政務活動費の透明性」 が、謳われています。
 
 
北九州市議会の議会運営委員会にて>

f:id:mrkmstk:20161212223131j:plain

f:id:mrkmstk:20161212223300j:plain

 

 f:id:mrkmstk:20161212223237j:plain
広告を非表示にする

村上さとこの原点

「誰もが暮らしやすい社会へ」 

 

孤立・貧困・格差・非正規雇用・子育て・保育・介護・障がい

〜すべて自身の経験から〜

DV(家庭内暴力)による離婚、シングルマザーの子育ての中で、様々な困難を経験しました。仕事を掛け持ちしながらの貧困。突然の派遣切り。

子どもの発達障がい。保育や学童探し。事故や入院。 頼れる人もいませんでした。

訪問介護員としても「孤立や貧困は、社会がつくった病」と痛感しました。

 

「誰もが手の届くセーフティーネット」「いのちが守られる社会」が必要です。

その強い思いで、再婚後は議会や霞が関との行政交渉、市民活動、平和活動を続けてきました。

これからも、「小さな声」を聴き、共に歩いていきます。



【理念】 

・政治に女性、生活者の視点を
・ひとり、ひとりが「豊かさ」「暮らしやすさ」を実感できる社会の実現
・DV経験。シングルマザー時代の、子育て、派遣切りや貧困経験。介護経験から、「声をあげられない人々に寄り添う政治」の実現。

・格差と貧困、教育機会不平等をなくし、誰もが孤立しない社会の実現

・核をなくし、戦争のない社会への実現

 

 

村上さとこの思い  〜3人の子どもを持つ母親として〜 

 

すべての子ども達を、戦禍に巻き込みたくない。平和を守りたいー

 

普通に働き、普通に暮らす市民が豊かさを実感できる、

そんな社会に生き、暮らしたい。  

 

私たちが払った税金が武器製造・輸出の補助金となり、戦火に倒れる人がある。

そして、誰かが多大な利潤を得る。

そんな社会や世界の構造は本当におかしい。

このシステムそのものを変えなければ何も変わらないのではないか。  

 

貧困は社会システムの病。

弱者の声が届かず、命が守られない政治。

シングルマザーとして3つのパートを掛け持ちして子育をしていた時、

今日、明日食べるものを確保するだけで精一杯でした。

昼も夜も休みなく働けど、子どもの洋服すら買うことも困難だった。

今、同じような家庭状況で辛い思いをしている子どもたちが大勢いる。

いてもたってもいられない、そんな思いで、市民活動を続けてきました。

そして、「政治の場でしか変えられない」という壁に突き当たりました。

 

国政を変えるにはまず地方自治体から。  

地方は決して国の下請け機関ではないが、合わせ鏡のように国政が反映される。  

このままではいけない!

 

平和を守る。

子どもを守る。

暮らしを守る。

 

市民の声を市政に届けるために、皆様とともに、全力で走ります!

 

広告を非表示にする

子どもの笑顔があふれる街に

f:id:mrkmstk:20161111145927j:plain

~税金は「暮らし」のために~

「議員給与」を見直し 「政務活動費」を完全透明化

  • 不正使用は社会問題。「政務活動費」は全面ネット公開
  • 議員すべての「発言」「賛成・反対」を全面公開
  • みんなで決める。「市民参加型予算「」市議選広報の発行」

未来のために「子ども」と一緒に育つまち

生きがいと安心 「暮らし」「福祉」「平和」

地域でお金を循環 元気な「経済」・若者の「雇用」

  • 市内業者優先。時給1000円以上の「公契約条例」化。
  • 物と自然エネルギーの地産地消
  • 地域分散型の経済で、広く雇用を創出

 

 

f:id:mrkmstk:20161213114529j:plain

f:id:mrkmstk:20161213114546j:plain